本文へ移動

当社の技術

弊社は、溶接作業の熟練工を多く抱えており、その技術力には定評があります。
長年の経験と研鑽により、あらゆる種類の溶接作業を熟知しています。
また、常に最新の技術を学び、取り入れることで、常に最高の品質の溶接を提供しています。
お客様のニーズを第一に考え、お客様の満足度を高めるために、常に努力しています。
お客様の要望を丁寧にヒアリングし、最適な方法を提案します。
弊社は、お客様に最高品質の製品を提供するために、常に努力しています。

ステライト盛金溶接

ステライト盛金溶接は、ステライトという合金を盛金溶接する方法です。ステライトは、耐熱性や耐食性に優れた合金ですが、溶接が難しい合金でもあります。
その理由は、以下のとおりです。

融点が高く、溶接が困難です。
熱膨張係数が大きく、溶接熱による変形が起こりやすいです。
酸化されやすいため、酸化防止対策が必要です。

そのため、ステライト盛金溶接を行うには、熟練した技術と経験が必要です。
ステライト盛金溶接は、難易度の高い溶接方法ですが、適切な技術と経験があれば、高品質な溶接を行うことができます。

SUS充填タンク溶接

ステンレス充填タンクの溶接は、ステンレスの特性を考慮して行う必要があるため、難易度が高いとされています。ステンレスは耐食性に優れた金属ですが、溶接時に酸化しやすいという特徴があります。そのため、ステンレス充填タンクの溶接には、酸化を防ぐための対策が必要です。

酸化を防ぐための対策としては、以下のようなものがあります。

TIG溶接では適切なトーチノズル、シールドガスを選んで使用する
バックシールド治具を使用する
溶接を速やかに行う
溶接中の各パスごと、十分に冷却する

これらの対策を講じて、ステンレス充填タンクの溶接を行うことで、安全で高品質なタンクを作ることができます。

撹拌タンク製作後撹拌テスト

製品テストをきちんと行い、お客様の信頼にお応えします。
製品テストでは、製品の安全性、品質、性能を検査します。
また、お客様のニーズを満たしているか、お客様の期待に応えられるかを確認します。
その結果、お客様に安全で高品質な製品を提供することができます。

徳島県溶接技術コンクールとは

徳島県溶接技術コンクールとは、徳島県溶接協会が主催する溶接技術者を対象とした競技大会です。
1978年に第1回大会が開催され、毎年開催されています。
コンクールでは、被覆アーク溶接の部と半自動アーク溶接の部の2種目で競われます。被覆アーク溶接の部では、鉄板を溶接する技術を競い、半自動アーク溶接の部では、鋼管を溶接する技術を競います。
コンクールの優勝者は、全国溶接技術競技会に徳島県代表として出場することができます。

入賞歴

第50回 徳島県溶接技術コンクール入賞

●徳島県溶接協会会長賞
 (県コンクール第2位) 
 被覆アーク溶接の部 杉本 誠一

●徳島県職業能力開発協会会長賞
 (県コンクール第5位) 
 被覆アーク溶接の部 高木 聴

第49回 徳島県溶接技術コンクール入賞

●徳島県溶接協会会長賞 
 半自動アーク溶接の部 船戸 奨太 

●徳島県鉄骨構造協同組合理事長賞 
 被覆アーク溶接の部 杉本 誠一 

●徳島県職業能力開発協会会長賞 
 被覆アーク溶接の部 高木 聴

溶接マイスター四国

溶接マイスター四国
溶接マイスターは熟練工の証しです。
長年の鍛錬の結果、溶接マイスターの認定を取得することが出来ました。
溶接技術者として高い評価を得ることができた事は嬉しく思いますが、より高見を目指して日々邁進して参ります。
有限会社長尾鉄工
〒779-0104
徳島県板野郡板野町
吹田字一ノ坂1-6
TEL.088-672-5788
0
1
8
7
9
4
TOPへ戻る